2009年06月14日

ボールを使った遊び

みなさんドーモ。インストラクター陽二郎です。

本日マーク先生が急遽お休みになったため私、陽二郎が「動き開花クラス」も担当しました。

急遽カリキュラムを作成した訳ですが、なかなか楽しい内容の教室となりました。

今日のテーマは「ボールを使った遊び」にしました。

まずはボールを手で弾いて二人でラリーをする「ハンドテニス」。

そして、私の中では「鳥かご」と呼んでいるパスゲーム。

ハンドテニスには動体視力や瞬発力を養う要素が。
パスゲームには判断力などを養う要素が主に含まれています。

我々が小学生の頃はこれらの運動を友達同士で考えて走り回ったものです。

今は安全に遊べる環境が少なくなっているのが現状で、それにより子どもたちの創造力を生かす場が少なくなってきているんですね。

遊びに隠されている「動き」の要素が子どもたちの身体能力を知らず知らずのうちにレベルアップさせるのです。

そしてこれから学校などでボール遊びを考えるときの創造力で様々なアレンジを加えれば子どもたち独自の「運動遊び」が完成します。  


Posted by マーク at 00:25Comments(2)