2009年08月22日

走って・投げて・競争

お盆休みも過ぎて、朝晩が涼しく感じるのが大変うれしい、
夏が大の苦手の、

マークです。

さて、先週はお休みでしたので、半月振りの教室です。

ここ三週ほど、同じテーマでやっていますが、今日は以下の
二つにポイントをおいての教室です。

1.記録を明確に計る
2.相手と競争する

記録として一番わかりやすいのは、「回数」ですが、今日は
「時間」での種目を実施しました。ストップウォッチを使用し、
とにかく時間にこだわってやりました。

そして、リレー形式での「勝敗」を明確にするゲームです。

明らかに、集中力が違いますが、一つ気になったことがあります。

個人で優劣を争うときに、無意識に順位をきめてしまうせいか、
一番を狙いにいくことはありません。大人は多々あります。

逆にべった(ビリ)には、罰ゲームというと、死に物狂いで回避
しようとします。


スポーツ・運動での競争は、一番の醍醐味です。

  


Posted by マーク at 14:09Comments(0)