2010年02月06日

ボールもハードルも・・・

使っての、本日「体力測定」を行いました。
こういう時にこども各々の性格が良く表れて
ほほえましく思います。

マーク、テスト大好きなこどもでした。

さて、今期もマークオリジナルの体力測定を
実施しまして、中々全員が
揃わなかったのですが、本日何とか全員揃いました。
オリジナルとは言っても、特別ということではなく、

学校つまり・・・

「文部科学省」の選定種目ではなく、動きを考慮した
内容のものに変更をしています。無論、スタジオと
いう環境もありますので、走り回ることも難しいため
という意図もあります。

そして種目の多くは普段の本教室で行っているもの
ばかりです。

ある意味・・・

「出来ていてほしい」

と思うのですが、やはり時間や回数を計るとなると、
こどもなりにプレッシャーがかかります。

典型的な例として・・・

〇やり方を間違える(説明をちゃんと聞いていない)

この点についてもある種のテストになります。

それは・・・

「運動センス」という指標です。

見たり聞いたりしていないのに、まず出来るわけがありません。
思い込みが強い子も要注意です。

これも運動神経の一種なのでしょうか?

そして、ボールを使うテストでは、「あせる」のですね。
いつもやっているのに・・・です。

こうしてこども達の頭にこの情報を深くインプットしてもらいます。
失敗したことの方が深く印象付けられます。


さて、最終回には出来るようになっているのでしょうか?

期待しましょう。  


Posted by マーク at 16:10Comments(0)