2011年10月15日

良く見てください(笑)

10月も半ばを迎え、いよいよ「忘年会」という名の季節行事がスタート致しました。マーク、この時期は“聞き役”です。

さて、本日のテーマは「目で見て真似しよう!!」

誰でも見たら真似できると思うかもしれませんが、これは大人でもあまり偉そうに言えるものではありません。

何故なら・・・


“見ている感じがする”


場合が多いからですface07


増してや、見た通りに動いてみようということになると、かなり色々な能力を必要とします。

例えば、今日のつかみでは、使い捨てのコップにピンポン玉を入れた(チョッとしたオブジェに見えなくもないが・・・)簡単な道具で、バランスをとる為の色々な動きを再現出来ます。

小さくて、軽くて、おまけに、丸いものですから、力加減が以外と難しいのです。

このコップに入っているというのがミソかも・・・




そして、この4つ目のピンポン玉(一番上)を、落とさずに色々な方向に体を動かします。しんいち先生がやる通りに動かすと、ボロボロとピンポン玉が床に落ちますik_93

見て動かしてはいるのですが、コップを床に対して平行にしていないと当然ピンポン玉は落ちますね。

何度か同じことを繰り返す場合と、直ぐに動きや力加減を修正して上手くできる場合と、ここには、頭と体の協調性が必要です。

必死にやるのはいいのですが、少しだけでも冷静になる必要があります。

大人に言っても通用することです。

繰り返し練習することはどんな学習にも必要ですが、それが間違ったやり方ならやらない方がいいということになりますね。

運動(体を動かすこと全般)は、体だけでやるのではないと言えます。

良く見て(または聞いて)、正しいかどうかを確認することを学んでほしいと思います。




以上です。  


Posted by マーク at 23:12Comments(0)